通水管|回送中の沖縄バス、“低姿勢

回送中 申し訳ございません」。沖縄バス(那覇市)の路線バスは回送運行になると、方向幕におわびの一言を掲げて走通水管る。バス停で待つ客の「やっと来たバスが回送でがっかり」という気持ちに添い、2015年末から掲示を始めた。「丁通水管ですね」「一言あると違う」と客の反応もいい。 那覇バスターミナルの工事に伴う路線変更があり、バス停を通水管送で通り過ぎることが以前より増えたという。客が回送に気付かず、「止まらなかった」と苦情を寄せることもあり、素通水管っ気ない「回送」の2文字におわびを加えた。 「申し訳ございません」は、系統番号や行き先を示す車体前側通水管方向幕に、発光ダイオード(LED)で出る。同社の路線バスの9割、123台で表示しているという。 同社通水管輸部業務課の名嘉山敬雄課長は「バスが渋滞で遅れ、やっと来たと思ったら回送だとがっかりさせると思う。回送だけで通水管は無愛想なので、『ごめんなさい』を表現した」と説明。 運転手の赤嶺正喜さん(43)は「回送だと止まる通水管ともできないし、『ごめんなさい』と言うこともできない。表示で気持ちが伝わればいいと思う」と話している。