通馬桶|セブン向け新コーヒーマシンで株価上昇

重電メーカー大手の富士電機 <6504> の株価が堅調です。2017年1月20日の終値は前日比4.4%高と4日続伸で引けており、年初来高値というだけではなく10年来の高値を更新通馬桶する水準にまで買われています。20日の株価上昇だけに限れば、同日付の日本経済新聞がセブン&アイ・ホールディングス <3382> 傘下のセブン-イレブン・ジャパン(以下、セ通馬桶ン)が「いれたてコーヒーのマシンを刷新すること」や「新型マシンが富士電機製」であることを報じていたため、そのニュースが株価上昇の一因であったと推察できます。なお、セブンは通馬桶013年1月から“いれたてコーヒー「セブンカフェ」”を発売していますが、当初から富士電機のコーヒーマシンを採用していました。そのため、新型機でも採用が決まったことには大きなサプラ通馬桶ズはないものの、セブンとは良好な関係が続いていると読み取れることから、ポジティブニュースと受け止めた市場の反応に対して大きな違和感はありません。なぜ、富士電機はコーヒーマシン通馬桶を作っているのか?ところで、皆さんは富士電機というとどのような会社のイメージをお持ちでしょうか。同社は、電力機器(火力・地熱発電システム、送配電設備等)やパワエレ通馬桶器などの環境・エネルギー関連事業を主力とする重電メーカーだということを、ベテランの個人投資家や電機業界にお勤めの方であれば誰でもご存じだと思います。しかし、そうでない方に通馬桶、冷蔵庫やテレビなどの家電製品を扱っていないために、同じ重電メーカーでも三菱電機 <6503> や日立製作所 <6501> に比べると“あまり馴染みがない”とお感じの方が多いので通馬桶ないかと思われます。そのような方には、ぜひセブンに置かれているコーヒーマシンが同社の製品であり、今はない家電の血筋を引いた製品であることを知っていただければと思います。