通水管|日本海側で大雪の恐れ

冬型の気圧配置が強まる影響で、日本列島は24日にかけて、北日本から西日本の日本海側で大雪と通水管なる見込みとなっている。 気象庁は交通機関の乱れや雪崩への注意を呼びかけている。通水管 23日は北海道の太平洋側や北陸、近畿の日本海側で降雪が強まり、午前10時現在、新潟通水管津南町で195センチ、兵庫県香美町で132センチの積雪を観測した。 24日にかけて通水管日本の上空に強い寒気が流れ込み、西日本の太平洋側でも雪が積もる可能性がある。 24通水管日朝までの24時間に予想される最大降雪量は、北陸80センチ、東北70センチ、近畿60センチ通水管関東甲信・中国50センチ、東海40センチ、北海道30センチ、四国・九州北部20センチ。首都通水管圏は晴れる見込みだが、最低気温は氷点下になるという。 雪の影響で、東海道・山陽新幹通水管線は23日の始発から名古屋―新大阪間で速度を落として運転し、最大で25分程度遅れている。