通水管|天皇陛下退位後の称号で候補として話題

天皇陛下の「お気持ち」を受けた安倍首相の諮問機関「有識者会議」での検討が進むにつれ、退位が現実味を帯びてきました。退通水管位後の称号をどうするのか? 政府内では、「上皇」が候補のひとつに挙がっているようです。 上皇は中学校の歴史で通水管学びます。高校入試の頻出事項なので、多くの方は暗記すべき“受験用語”として記憶されているのではないでしょうか。ただ、通水管承久の乱(1221年)をおこした後鳥羽上皇をはじめ、教科書でも内乱や政争と絡んだ記述が多いので、あまり良いイメージを通水管持たれていないかもしれません。 日本国憲法では天皇に政治的権力はありませんが、こうした負のイメージを理由に、通水管専門家の間からは「上皇」という称号に後ろ向きの意見も出ているようです。最初の上皇は男性ではない? 江戸時通水管代まで、天皇が退位して上皇になるのは、決してめずらしいことではありませんでした。本院・新院などとして複数の上皇がいた通水管こともあります。また、上皇が出家して法皇となる場合も多く、同時に天皇・上皇・法皇が存在したこともありました。なお、上通水管皇・法皇ともに略称で、正式には「太上天皇」(だいじょうてんのう、または、だじょうてんのう)「太上法皇」といいます