通水管|部活中倒れ中2死亡 野球部

群馬県館林市教委は22日、市内の中学校の野球部に所属する2年の男子生徒(14)が21日午前の部活動中に倒れ、翌22日通水管早朝死亡したと発表した。館林署が関係者から事情を聴くなどして詳しい状況を調べている。 関係者によると、亡くな通水管ったの多々良中の男子生徒。 市教委によると、男子生徒は21日午前8時半ごろから、中学校のグラウンドで行われた通水管野球部の練習に参加。約400メートルのウオーキングと約1・2キロのジョギングを終えた後に倒れた。体調不良の様子などは通水管見受けられなかったという。練習には部員12人が参加し、顧問の30代男性が指導していた。救急車が到着するまで、教員2人通水管自動体外式除細動器(AED)などを使って蘇生を試みた。 多々良中によると、23日に全校生徒や野球部の保護者を通水管対象にした集会を開き、事故の詳細を伝えるという。野球部の練習は1週間ほど休止する方針。事故を受け、市教委は同日、臨時通水管の校長会議を開く。 館林市内の中学校の部活動を巡っては、3年の男子生徒が昨年5月、柔道部の練習中に頭を打って通水管意識不明の重体となったほか、その約2週間前に同じ柔道部の3年の女子生徒が練習中に右足を骨折する大けがを負った。