通水管|トランプ政権の保護主義警戒、円高・株安に

23日の東京金融市場は、トランプ米新政権が環太平洋経済連携協定(TPP)からの離脱通水管方針や北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉など保護主義的な政策を強調したことを警戒通水管し、円高・株安となっている。 外国為替市場では世界経済の先行き不透明感から通水管、ドルを売って、安全資産とされる円を買う動きが先行し、円相場は午後1時現在、前週末通水管(午後5時)比1円17銭円高・ドル安の1ドル=113円62~63銭。 株式通水管場ではトランプ政権が経済政策の具体策を示さなかったことも期待外れとなり、日経平均株通水管価(225種)は一時、250円を超えて下落した。午後1時現在、前週末終値比211円通水管70銭安の1万8926円銭で取引されている。 メキシコに工場を持つ日産自動通水管車やマツダなど自動車メーカーはNAFTA見直しの影響を受けるため、株が売られた。