通水管|「日本の柴犬」が韓国で人気犬種になった理由

釜山の日本総領事館前に新たに設置された慰安婦の少女像問題に端を発し、日韓がぎくしゃくしているが、文化の世界はまた別だ。文化といっても映画や通水管音楽などではなく、韓国で今脚光を浴びているのは、なんと日本犬の柴犬だ。この記事の写真を見る 「きゃあー、柴、柴、柴犬ー」「通水管柴犬?  ですよね?  実物、初めて見ました。かわいい~」 ソウルで柴犬を散歩させていると、こんなふうにして何度か声を掛けられる。通水管り過ぎた人がわざわざ引き返してきたこともある。韓国で柴犬は今、まるでアイドルのような扱いだ。■柴犬を散歩させていると、声を掛けられ通水管る 柴犬を飼っている韓国人の友人に聞くと、やはりここ2年くらいで「声掛けられ率」がぐんと上がっていて、「3年くらい前だと、知ってい通水管人が少なくて説明するのに苦労したけど、最近はほかの人が散歩させている柴犬に遭遇することも増えたし、散歩中に『柴犬に会った』って感動されるこ通水管ともある。今、韓国では本当に人気があるみたい」と言う。 わが家の柴犬は今年6歳になる雌と昨年8月に生まれた雄の2頭だ。雌のほうは、通水管011年の夏に日本から連れてきた。 その当時、散歩をしていて必ず聞かれたのは、筆者の連れている柴犬の「犬種」が何か、ということだ。通水管「日本犬の柴犬」と答えたところでピンと来る人はめったにいなくて、韓国の天然記念物、珍島犬(ちんどけん)と間違われることのほうが多かった。