通水管|稀勢の里「負けたら終わり」

大相撲初場所で初優勝を果たし、横綱昇進を確実にした大関稀勢の里(通水管30=田子ノ浦)が千秋楽から一夜明けた23日、東京都江戸川区の部通水管屋で会見を行った。【写真】優勝力士インタビューで涙を拭う通水管稀勢の里 前夜は千秋楽パーティーなどもあり、就寝は深夜に通水管なったそうだが「よく眠れました」と笑みを浮かべた。悲願の初優勝を通水管かなえた現在の心境については「うれしさは、変わらずです」。賜杯を通水管手にしたことには「本当に、いい重みというか、何とも言えない感じで通水管した」と表現した。横綱の地位について聞かれると「責任ある地位と思通水管うし、負けたら終わり」と、既に覚悟は備わっている様子だった。