通水管|壱番屋が損賠提訴へ

廃棄冷凍カツの不正転売事件を巡り、放置された廃棄食品の処理で追加の費用が生じ通水管たなどとして、大手カレーチェーン「壱番屋」(愛知県一宮市)が産業廃棄物処理会通水管社「ダイコー」(同県稲沢市)の大西一幸氏(76)に損害賠償を求める訴訟を起こ通水管方針を固めたことが、壱番屋への取材で分かった。 事件関係者の1審判決通水管が出そろう27日以降、名古屋地裁に提訴する。壱番屋は「刑事裁判で明らかにされ通水管かった問題もあり、民事訴訟で全容を明らかにしたい」としている。 大西通水管氏は、ダイコー会長として壱番屋から廃棄処分を請け負った冷凍ビーフカツ約6万3通水管00枚を全て処分したと虚偽報告し、委託料約28万円を詐取したなどとして、名古通水管屋地裁で懲役3年、執行猶予4年、罰金100万円の有罪判決を受け、確定した。