通水管|<鳥取大雪>300台以上が立ち往生

強い冬型の気圧配置が続く西日本は、日本海側を中心に23日夜から24日朝にかけて大雪に見舞われた。鳥取県では山間部を中心に車の立ち往生が相通水管次ぎ、24日早朝までに300台以上が身動きできなくなった。同県の平井伸治知事は同日午前4時10分、自衛隊に災害派遣を要請した。【通水管真特集】雪、雪…現地の様子写真特集 同県智頭町では、積雪が1月の観測史上最大の106センチ(午前9時現在)を記録。県によると、町通水管の国道373号では、24日午前5時までに204台の車が立ち往生。23日夜から24日にかけて、町の施設や集会所の2カ所が開放され、ドライバ通水管ら最大約100人が一時身を寄せた。災害派遣要請を受け、鳥取、岡山両県から陸上自衛隊の隊員61人が現地に向かい、除雪を進めている。通水管鳥取自動車道の駒帰交差点(智頭町)-智頭(同)間では、午前4時半に最大50台の車が動けなくなり、智頭町内の国道53号でも午前0時ごろに1通水管台が一時立ち往生した。鳥取県三朝町から岡山県境にかけての国道179号でも一時、少なくとも20台が最大約8時間立ち往生した。 鳥取通水管岡山両県を結ぶ米子自動車道の江府(鳥取県江府町)-蒜山(岡山県真庭市)間は23日午後2時ごろから車が動けなくなり、一時70台が立ち往生。通水管クスコ西日本が除雪や車両の撤去をし、職員らがおにぎりなどの食料を配った。24日午前8時過ぎには残っていた十数台が全て動き出したという。