通水管|退位後に「赤坂御用地」に転居

天皇陛下が退位された場合の住まいについて、宮内庁が、皇居内の御所から赤坂御用地に移す方向で検討していることが25日、同庁関係者への取通水管材で分かった。新天皇が既存の御所に入居されれば、皇居に新たな住まいを建設する必要がなくなる。こうした対応により代替わりに際しての支出通水管抑制する狙いがあるという。【図で分かりやすく】退位を巡る出来事と安倍晋三首相の発言 宮内庁が検討している案では、退位通水管た後の陛下と皇后さまは、現在の居所である皇居(東京都千代田区)内の御所から、皇族方が暮らしている赤坂御用地(港区)に移る。新天皇とな通水管る皇太子さまと新皇后となる雅子さま、長女愛子さまは、赤坂御用地の東宮御所から陛下が転居した後の御所に入る。 移転後の陛下と皇通水管さまの住まいは、現在、秋篠宮ご一家が暮らす赤坂御用地内の宮邸とすることが選択肢として浮上している。その場合、秋篠宮ご一家は東宮御所に通水管ることが想定される。こうした方法により既存の居所を活用することで、皇位継承に伴う経済的な負担を抑える効果が期待できるという。通水管 御所や東宮御所、その他の皇族の宮邸は場所などについて法令上の定めはない。ただ御所については、天皇が公務を行う宮殿や宮中祭祀(さいし通水管を行う宮中三殿とともに皇居内に置かれることが慣例となっている。宮内庁は退位が決定した段階から転居に向けた改修などに乗り出すという。