通水管|難民申請1万人超…

昨年1年間の難民認定申請数が、1982年に統計を取り始めて以降、初めて1万人を超えるの通水管が確実となったことが、関係者の話でわかった。 大半は就労目的の「偽装申請」とみ通水管られ、法務省が2015年9月に始めた偽装申請対策の効果が十分でない実態が、改めて浮き彫通水管りになった。 日本の難民認定制度は10年3月の運用改正で、申請6か月後から一律通水管に就労できるようになった。このため、就労目的の偽装申請が急増。10年に1202人だった通水管申請数は11年以降、過去最多を更新し続け、15年は7586人に上った。 昨年は通水管9月末時点で既に7926人。関係者によると、申請はその後も増え続け、年間で1万人を突破通水管するのは確実だという。一方、昨年9月末時点で6人(15年は27人)だった認定数は大幅に通水管は増えない見通しで、申請数の増加が真の難民の審査に遅れを生じさせている可能性がある。