通馬桶|TPP資料、閲覧できず

【ワシントン時事】トランプ米政権は、通商代表部(USTR)のホームページ(HP)上の環太平洋連携協定(TPP)に関通馬桶する資料の開示を停止した。 トランプ大統領が23日に命じた「TPPからの永久離脱」を受け、閲覧できないよう通馬桶にしたとみられる。 TPPは2016年2月に日米など12カ国が署名した。USTRは協定全文のほか、日本など通馬桶他の署名国と交わした付属書、交渉書簡の一部をHP上で公開。TPP発効で見込まれる米製造業や農業への経済効果なども掲通馬桶載していた。 トランプ氏は「TPPは米雇用にとって災いだ」と主張しており、23日昼にUSTRに「永久離脱」通馬桶に向けた手続きを命じた。TPP資料に関する全てのリンクは23日夜に消去され、HPやリンク先は「米国第一の通商政策」通馬桶に関する説明に変更された。 TPP発効には米国の批准が不可欠。トランプ政権の離脱により、現状の協定は発効の通馬桶見通しが立たなくなり、日本は通商戦略の見直しを迫られている。 20日のトランプ政権発足後、ホワイトハウスや通馬桶環境保護局(EPA)のHPでは、政権が消極的とされる地球温暖化対策、性的少数者の権利保護に関する記載も消えた。