通馬桶|文科省、大学側に謝罪=天下りあっせん問題

文部科学省が吉田大輔・元高等教育局長の早稲田大への再就職をあっせんするなどしていた問題で、早大と国立通馬桶大学協会は25日、それぞれ同省側から謝罪されたことを明らかにした。  鎌田薫早大総長は、通馬桶会長を務める日本私立大学団体連合会主催の報道機関との懇談会に出席。同日、松野博一文科相から直接電話が通馬桶あり、「省が早稲田大に迷惑をお掛けし、心からおわびしたい」と謝罪されたと説明した。 鎌田氏は通馬桶「早稲田の不祥事、不手際で日本中の私立大に迷惑をお掛けした。大学と文科省が癒着しているとの疑念を払拭通馬桶(ふっしょく)する努力をしたい」と述べた。 国大協の里見進会長は同日の総会後の記者会見で、総通馬桶会前の文科省との意見交換会の冒頭、常磐豊・高等教育局長から「法律を守ることを大学にお願いしている立場通馬桶上、こういうことが起こったことは非常に遺憾。誠に申し訳なかった」と陳謝されたと明らかにした。里見氏は通馬桶「国家公務員が法規を守らなかったのはちょっとびっくりした。今後ないようにしてほしい」と語った。