通水管|日米首脳電話会談 トランプ米大統領

「大統領の一挙手一投足を世界が注目している」。米大統領にトランプ氏が就任して初めての日米首脳電話会談で安倍晋三通水管首相はトランプ氏にこう伝えると、トランプ氏は「約束したことはやる。スタートが大事だ」と語った。 首相の通水管言はトランプ氏の政策や手法に国際社会から懸念が出ていることを遠回しに伝えたものだ。だが、トランプ氏は大統領選中通水管掲げた公約を実行する決意が揺るがないことを強調したのだった。 環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)に代通水管た日米2国間での新たな自由貿易協定(FTA)締結といった具体的な話に及ばなかったのも、トランプ氏が通商政策をは通水管めとする自身の考えは不変であることを示唆したものだ。 安倍首相は会談後、記者団の前に現れたが、その表情通水管やや硬かった。発言で「経済」という言葉を、安全保障や日米同盟の前に真っ先に挙げたのも、トランプ氏の手ごわさを感通水管たからかもしれない。 電話会談に同席した政府関係者によると、会談の雰囲気は「非常に和やかだった」という通水管昨年11月の会談がプラスに作用したというが、2月10日の初の首脳会談が相当厳しい局面になることを予感させた。