通水管|PTAやめたの私だ ひとりの主婦の静かなる抵抗

じゃんけんやくじ引きによって、半ば強制的に役職を決めるPTAが少なくない。任意加入のはずだが、やめるにも勇気が必要だ。ひとりの主婦が「PTAに入らない」という選通水管択をした。その理由はーー。【BuzzFeed Japan / 小林明子】ガングロギャルのスッピン。見てみたい?来年度のPTA役員や委員を選ぶ季節が通水管やってきた。「じゃんけん」「くじ引き」「ポイント制」「全員参加」「推薦」など、各学校ごとに独自の選出ルールがある。役職決めの保護者会に参加しなければ「欠席通水管判」になることも。子どものためのボランティア組織であるはずのPTAで、大人たちが役職を押し付け合ったり、黙りこんだりという光景は、さながら学級会よりひどい。改通水管革する余裕などない東京都内の会社員女性(40代)は、子どもの小学校のPTAを改革したくて、フルタイムで働きながらも役員になった。しかし実態は、役員に課され通水管タスクをこなすのに精いっぱいで、他の役員との人間関係にも悩まされた。新しいことを提案する余裕はなく、精神的に追い詰められた。役員の任期を終えたいまは、PT通水管Aの代わりに、保護者有志による団体をつくろうと模索している。PTAに不満をもつ保護者を仲間に加えることが狙いだ。PTAを敬遠し、抵抗をはじめる人たちがいる通水管東京都内の主婦(42)は長女が中学に入学する前に「PTAには入りません」と非加入を表明した。理由はこうだ。「面倒くさい」「やりたくない」と親がブツ通水管ブツ言いながら学校に出かけていく。「どうして?」と子どもに聞かれたら「そういうことになってるの!」と答える。そんな親の背中を、子どもに見せたいだろうかーー。