通水管|工事現場で鉄骨に挟まれ…

東京・調布市の工事現場で、男性作業員が鉄骨に頭を挟まれて死亡しま通水管した。 28日午後3時半ごろ、調布市染地の工事現場で「作通水管業員が挟まれている」と通報がありました。消防などが駆け付けると、通水管51歳の男性作業員が鉄骨に頭を挟まれていました。災害医療チームの通水管「DMAT」が出動し、約1時間後に男性は救助されましたが、現場で通水管死亡が確認されました。警視庁などによりますと、男性は鉄塔の撤去工通水管事で基礎の部分のコンクリートを土の中から取り出すためにシャベルで通水管土を掘っていました。しかし、現場を囲んでいた鉄骨が崩れて挟まれた通水管ということです。警視庁が詳しい事故の原因を調べています。