通水管|人口30人の島が「生活誌」

沖縄県宮古島市の小規模離島、大神島の自治会が島の歴史や伝統文化などを記録した生活誌「ウプシ」を出版した。高齢化により現在の世帯数は15、人口は通水管約30人しかおらず、存続の危機にひんしている大神島で初の生活誌だ。島内外の人たちが島の将来を案じ、足かけ5年を費やして長老から聞き取り調査を実通水管した。これまで内容がほとんど知られていなかった秘祭・祖神祭(ウヤガン)の様子などが記されている。 28日、大神島離島振興コミュニティーセン通水管ターで出版祝賀会が開かれ、島内外から約50人が集まった。大神自治会の久貝愛子会長は「立派な記念誌ができて感謝でいっぱいだ。後輩へ伝えていきたい通水管と語った。 大神島は宮古島の北東約4キロに位置する。宮古島周辺離島の中で唯一、架橋されておらず、島尻港からの定期船が生活の足だ。ウ通水管ヤガンなどの祭祀(さいし)に代表される「祈りの島」としても知られる。人が住み始めて約200年とされる島は、秘祭があるため外部の研究者による調査通水管拒んできた。島の歴史の継承は住民間の口承が中心だった。 生活誌にはウヤガンの様子が詳細に記されているほか、神事の際に歌われるアーグ通水管(神歌)の「うふぷなかの歌」が初めて活字で記されている。 「ウプシ」は島の言葉で大岩のこと。港の防波堤横にあり、大神島へ船で渡る際通水管目印となっていた。島で最高齢の狩俣英吉さん(91)は「本物のウプシみたいに、島の目印になるように大切にしないといけない」と顔をほころばせた。