通水管|「尖閣に安保」日米確認へ、

初来日するマティス米国防長官が、沖縄県の尖閣諸島について「対日防衛義務を定めた日米通水管安全保障条約第5条の適用対象になる」とする見解を、稲田防衛相との間で確認する見通し通水管になった。 2月4日の日米防衛相会談の際に確認する方向で最終調整が行われて通水管る。尖閣周辺海域で中国が公船の活動をエスカレートさせる中、米国のトランプ新政権も尖通水管閣諸島防衛に関与する姿勢を内外に示す意味がある。 複数の日米関係筋が28日通水管明らかにした。 マティス氏は稲田氏との会談で、東・南シナ海への進出を強める通水管中国の脅威について意見交換し、オバマ前政権の尖閣諸島に関する見解を引き継ぐ考えを示通水管見通しだ。マティス氏は20日に就任したばかりで、これほど早い日本訪問は異例。新政権通水管として、アジアの同盟国を重視する姿勢を強調し、中国をけん制する狙いがありそうだ。