通馬桶|介護福祉士ピンチ…養成校入学、

介護職場で中核的な役割を担う「介護福祉士」を養成する全国の大学や専門学校などで2016年通馬桶度、定員に対する入学者の割合が約46%だったことがわかった。 定員割れは、データ通馬桶ある06年度以降11年連続で、50%を割り込んだのは2度目。定員枠自体が減少傾向にあるな通馬桶での入学者割合の低下には、重労働の割に賃金が低い処遇が影響しているとみられる。 通馬桶査は公益社団法人「日本介護福祉士養成施設協会」(東京)が毎年度、厚生労働相が指定する全て通馬桶の介護福祉士養成施設に実施している。16年度の定員枠が約1万6700人(377校)だった通馬桶に対し、入学者数は06年度以降最低の約7700人だった。 定員数や入学者数は減少通馬桶向が続いている。06年度は定員が約2万6800人(409校)、入学者数が約1万9200人通馬桶った。これと比べ、16年度は定員で約1万100人、入学者で約1万1500人少ない。