通馬桶|無効…同姓同名の候補

珍しいケースとして注目されていた同姓同名の男性候補2人はともに当選し、通馬桶開票作業でのトラブルもなかった。 2人は、4期目を目指した現職通馬桶木茂さん(56)と、建設会社役員の新人青木茂さん(43)。市選管は公平通馬桶を期すため、有権者に対する事前の周知は行わず、告示後、投票所に掲示され通馬桶立候補者一覧表に、2人に限って「現職」「新人」の別と、年齢を併記した。通馬桶氏名のみが書かれた票は疑問票として扱い、得票数に応じた割合で配分するこ通馬桶を決めていた。 市選管によると、開票の結果、氏名だけしか書かれ通馬桶いないなど配分の対象となったのは826票。氏名の上に「坊主の」「かっこ通馬桶い」などと書かれた票も4票あったが、「他事記載」として無効票とした。