通馬桶|トランプ氏「強固な国境必要」

ワシントン時事】トランプ米大統領は29日、ツイッターに「われわれの国には今こそ、強固な国境と究極の入国審査が必要だ」と投稿した。通馬桶 シリア難民の受け入れ停止やイスラム圏7カ国出身者の一時入国禁止を命じた大統領令に対する国内外の批判に反論したものだ。 大統通馬桶は「欧州そして世界中で起きていることを見てみろ。恐ろしい混乱だ!」と書き込み、テロが相次ぐ欧州の二の舞いにはならないと主張。この後、「通馬桶これはメディアが報じているようなイスラム教徒の入国禁止ではない。多数のイスラム教徒が住みながら、影響を受けない国が40以上ある」と理解通馬桶求める異例の声明も発表した。 コンウェー大統領顧問はテレビ番組で「(空港で)拘束されたり、搭乗を拒否されたりしたのは(全体の)通馬桶1%にすぎない。米国民を守る観点からは小さい犠牲だ」と強調した。 ただ、プリーバス大統領首席補佐官は別の番組で、大統領令は永住通馬桶(グリーンカード)保有者には影響しないと説明。永住権者も入国制限を受けるとした28日の政府高官の説明を一夜にして覆した形で、政権側の混通馬桶乱もうかがえる。 一方、国内外に批判が広がる中、米政界でも反発が強まっている。米メディアによると、民主党のシューマー上院院内総通馬桶は29日の記者会見で「大統領令は米国が大切にしてきたもの全てに反する」と述べ、大統領令を覆す立法措置を検討する方針を明らかにした。