通水管|中国選手団、アパホテルから宿泊先変更

 2月19日開幕の冬季アジア札幌大会の選手村となる札幌市南区の「アパホテル&リゾート」に南京大通水管虐殺を否定する書籍があり、中国側が反発していることを巡り、大会組織委員会(事務局・札幌市)は3通水管0日、中国選手団の宿泊先を変更する方向で調整に入った。選手村に指定している市内の別のホテルとす通水管方針。 大会を主催するアジア・オリンピック評議会(本部・クウェート、OCA)はこれまで通水管、期間中に客室から書籍を取り除く措置を講じる方針を示し、さらにアパホテルに宿泊する予定の中国選通水管団についてホテルを変更するよう組織委に求めていた。27日には中国オリンピック委員会(COC)か通水管らも組織委にホテル変更の要請があったという。 組織委は中国側などの意向を踏まえ、選手村通水管指定する二つのホテルのうち、もう一方の札幌プリンスホテル(中央区)との選手の割り振りを再検討す通水管る。アパホテルには1800人、プリンスホテルには500人を収容できるよう予約しているという。