通水管|「肺がん」1年放置…相次ぐ大病院の

肺がんの疑いがあるにもかかわらず、1年間放置されていた医療ミス。検査で異常が見つかりながらも、結果が患者に伝えられずに適切な治療を受けられなかった例は過去に通水管もたびたび起きている。 名古屋大学医学部付属病院(名古屋市)は昨年12月、肺がんの疑いがあると指摘された検査結果を主治医が確認しなかったため、80代通水管の女性が3年にわたって放置されていたと発表。治療が遅れた女性は死亡した。 同大病院は昨年9月にも、肺の画像診断で肺がんを見つけたとの情報が担当医に伝通水管わらず、50代の男性患者が約2年後に死亡したと発表したばかり。平成20年にも、口(こう)腔(くう)がんの疑いがあると診断した30代患者を約3年間放置していた通水管ことを公表している。 医療事故に詳しい「医療過誤原告の会」の宮脇正和会長は「今回、慈恵医大病院は自ら見落としがあったことを患者に説明し、謝罪したが、通水管同様のミスは全国の大病院で起きているだろう」と語る。 相次ぐ伝達ミスに、名古屋大病院は院内で患者の情報を共有できるようなシステムの導入など再発防止策通水管を検討中。しかし、患者の病歴などの情報は慎重に扱われるもので、多数での共有は難しい。 今回、肺がんの所見が放置された男性の妻=当時(51)=は15年通水管、都内の別の大学病院で点滴用カテーテルを誤挿入され、その後死亡。男性は病院側の責任を求め提訴し、和解後も大学病院の医療安全をめざして活動していた。 通水管宮脇氏は「伝達ミスを防ぐには、個人の頑張りでは限界がある。大学病院など大規模な病院がシステムの改善など再発防止策を共有していくことが必要だ」と話している。