通水管|妻殺害の罪で韓国籍の編集次長起訴

東京都文京区の自宅で妻=(38)=を殺害したとして、東京地検は31日、講談社通水管の編集次長、朴(パク)鐘顕(チョンヒョン)容疑者(41)=韓国籍=を起訴した通水管 朴被告は昨年8月9日未明、同区千駄木の自宅内で、妻の佳菜子さんの首通水管圧迫して殺害したとして警視庁に逮捕され、「間違っています。妻に手を掛けるよう通水管ことはしていない」と容疑を否認していた。 朴被告は佳菜子さんと子供4通水管人の6人暮らし。当初は、佳菜子さんについて「階段から落ちた」と話していたが、通水管日後に「階段の手すりで首をつって自殺した」と説明が一変したという。 通水管談社広報室は「弊社社員が起訴されたことについて重く受け止めている。本人は無実通水管主張しており、公判の推移を見守りつつ、慎重に対処していく」とコメントした。