通水管|変わる部活、休養日に疲労回復

高校スポーツ界で、定期的に〈休養日〉を設けて練習に取り組む学校が目立ってきている。全国大会常連の強豪校でも、リフレッシ通水管ュによる効果を狙って積極的に採用。それが好成績を収める要因の一つにもなっている。指導者や選手は、休養日の設定についてど通水管考えているのか。現状を探った。 昨秋の九州大会を制し、今春の甲子園に出場する福岡大大濠(福岡)野球部は、週1日通水管ペースで原則、月曜日を休養日としている。 普段の全体練習は、福岡市西区の専用グラウンドで約2時間半。試合を行う通水管とが多い日曜日の翌日に休み、体力の回復や気持ちの切り替えを図るのが狙いだ。過ごし方は、部員各自に任せている。 通水管捕手としてチームを引っ張る古賀悠斗選手(17)は「バットもボールも触らないことにしている。勉強の時間に充てることも多い通水管いったん野球から離れてリフレッシュすると、次の日からの練習に一段と身が入る」と効果を口にする。 同部の休養日は通水管最近始まったことではない。OBの八木啓伸監督(39)によると、自身が高校球児だった約20年前には、すでに設けられていた通水管いう。八木監督は「部員にとっては、体のケアや、勉強の計画が立てやすくなる。部の良い伝統として続けている」と説明する。