通水管|元小結時天空の間垣親方が悪性リンパ腫で死去37歳

日本相撲協会は31日、元小結時天空の間垣親方(本名・時天空慶晃=ときてんくう・よしあき)が同日午前1時12分に悪性リ通水管ンパ腫のため東京都内の病院で死去したと発表した。37歳だった。【写真】早すぎる…土俵を彩った足技師、時天空/通水管真特集 間垣親方は現役だった2016年1月に悪性リンパ腫の治療で入院していることを公表。15年7月ごろから右通水管腹に痛みが発生し、同10月から抗がん剤治療に取り組んでいた。土俵への復帰を目指していたが、5場所連続全休の末、36歳通水管った16年8月に引退を発表し、年寄「間垣」を襲名した。 引退会見時には抗がん剤治療を終え、腫瘍が小さくなった通水管とを明言。時津風部屋の部屋付き親方として「若い人を指導しながら、ともに成長したい」と今後について話していた。その後は通水管方の業務をこなしていたが、昨年11月の九州場所から休場し、治療に専念していた。 部屋の力士には30日夕方に病通水管の悪化が伝えられていた。遺体は31日午前3時ごろ、東京・墨田区の時津風部屋に戻った。 通夜は2月6日午後5時通水管告別式は同7日午前11時半から、いずれも東京・墨田区の回向院念仏堂で営まれる。喪主は父ジグメド・アルタンガダスさん