通水管|全省庁対象の調査チーム設置 内閣人事局

 

山本幸三国家公務員制度担当相は31日午前の閣議後記者会見で、文部科学省の天下りあっせん問題を受通水管けて全府省庁対象の調査を行う「再就職規制に関する調査チーム」を同日付で設置し、調査を開始したと通水管表した。 調査チームは内閣人事局に置かれ、弁護士など第三者を含む30人強で構成。第三者通水管の人選は調整中という。ただ、決定しても「個別の名前が出ることで効果がそがれる懸念がある」(山本通水管)として公表しない方針。3月末までの調査結果とりまとめを目指すが、山本氏は「スケジュールありき通水管でなく、しっかりと調査することに重点を置き、スピード感を持ってやりたい」として、公表時期につい通水管は明言を避けた。 山本氏は閣僚懇談会で「徹底して調査する」と述べ、各閣僚に協力を求めた通水管。調査では府省庁の幹部職員や退職後3カ月以内に各府省庁と関係のある企業に就職したOBを中心に聞通水管取りなどを実施。違法の疑いがある事案が見つかれば、政府の再就職等監視委員会に情報を提供する。