通馬桶|土地無償提供、全国民に拡大

【モスクワ時事】ロシア政府は1日、北方領土を含む極東の土地を国民に無償提供す通馬桶る制度について、これまでは極東の住民に限定していた申請資格を全国民に拡大した通馬桶 都市部から住民を呼び込み、極東の人口減に歯止めをかけたい考えだ。ロ通馬桶ア人の北方領土への移住が進めば、今後の日ロの領土交渉が複雑化する可能性がある通馬桶 同制度は極東振興を図るプーチン政権の目玉政策で昨年6月に開始。1人通馬桶当たり最大1ヘクタールの土地を無償提供し、5年間の使用実績が認められれば所有通馬桶認められる。 ロシア政府によれば、審査を経てこれまでに約4300件の通馬桶地提供が認められた。昨年10月から北方領土での適用も始まり、極東発展省による通馬桶、クリール諸島(北方領土と千島列島)で既に200件以上の申請があった。