通水管|NAFTA早期再交渉に意欲…5月開始へ

【ワシントン清水憲司】トランプ米大統領は2日、カナダとメキシコとの3カ国による北米自由貿易協定(NAFTA)の再交渉について「可能な限りス通水管ピードアップしたい」と述べ、早期着手に意欲を表明した。メキシコ政府は自国企業との90日間の協議を行った上で交渉に臨む方針を表明しており、N通水管AFTA再交渉は5月ごろに正式に始まる見通しになった。 トランプ氏は議会幹部との会合で「(NAFTAは)米国の労働者や企業にとって通水管壊滅的な協定だ。企業や雇用が米国から流出している」と強調。「NAFTAの修正か、全く新しいNAFTAかは気にしないが、公正なものにしないと通水管いけない」と述べ、形式にはこだわらず、早期に結果を出す意向も示した。再交渉は、商務長官となるウィルバー・ロス氏が指揮することも明らかにした通水管 歴代政権では米通商代表部(USTR)が通商交渉を主導したが、大統領選中からトランプ氏に通商政策を指南してきたロス氏が取り仕切る。通水管ロス氏は「貿易赤字削減が経済成長を促す」が持論で、メキシコに対してもNAFTAの規定見直しを通じ、対米輸出の抑制と、米国からの輸入拡大を求通水管めていくとみられる。 トランプ氏はかねて、NAFTA発効により、米国内の企業が人件費の安いメキシコに工場などを移し、国内の雇用が失通水管われたと主張。メキシコで新工場建設を計画しているトヨタ自動車などを批判し、大統領就任直後からNAFTAの再交渉に入る意向を表明していた。