通水管|恵方巻は作られた伝統なのか 発祥は花街

節分にその年の恵方を向いて巻き寿司に無言でかぶりつく。そうすれば幸せになる、願い事が叶うーー。毎年恒例の行事となりつつある「恵方巻」。ただ通水管、この風習の由来は定かではない。あたかも伝統であるかのように「装われた」ものだという。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】通水管写真】日本兵を癒した幻のアイドル雑誌いったいどういう経緯で、ここまでの広がりを見せたのか。恵方巻に詳しい民俗学者に話を聞いた。発通水管は花街?「とりあえず大阪の船場が発祥だということは確かでしょう」そうBuzzFeed Newsの取材に語るのは、熊本大准教授通水管の岩崎竹彦さんだ。節分の巻き寿司(恵方巻)の研究者で、「フォークロリズムからみた節分の巻きずし」などの論文がある。フォークロリズムと通水管、伝統的な民間伝承が、違う文脈で使われるようになることを指す言葉だ。「もともとは船場の旦那衆が、花街でやっていた遊びでしょうね」通水管岩崎さんの聞き取り調査などによると、かつては商家の旦那たちが、遊女と巻寿司を使った遊びを楽しんでいたのだという。それが少しずつ、人通水管々に浸透していったのだろうか。明治末期の大阪で生きた人が残している回顧録などには、「家でそういうことをしていた」という記載もあるという。通水管いずれせにせよ、恵方巻きの明確なルーツは不明だ。近畿地方の一部に広がっていた風習であり、「伝統行事」と言えるまでではなかったようだ。