通水管|日米「核の傘」再確認へ…首相

【ソウル=黒見周平、井上宗典】日米両政府は、3日に東京都内で行われる安倍首相とマテ通水管ィス米国防長官との会談で、米国の「核の傘」による日本防衛を再確認する方向で最終調整通水管入った。 トランプ米大統領は大統領選中、日本の核保有容認を示唆するなど「核通水管傘」の存続に否定的な発言をし、物議を醸していた。トランプ政権の閣僚として初来日する通水管ティス氏が、抑止力の堅持を表明することで、日米同盟の強さを内外に示す狙いがある。通水管 複数の日米関係筋が明らかにした。 首相はマティス氏との会談で、東アジ通水管の地域情勢や安全保障について意見交換する予定だ。北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)政通水管は、核実験や弾道ミサイルの発射を相次いで行うなど、挑発行為を続けている。首相は不測通水管事態に備え、トランプ新政権も日本の防衛に積極関与するとの方針を確認したい考えだ。