通水管|ご意見番芸人増加にみる

最近辛口のご意見番芸人が増えたと感じるのは、筆者だけでしょうか。たとえばオリエンタルラジオのあっちゃんこと中田敦彦さん(34)は、白熱ラ通水管イブビビットにレギュラー出演中。そのなかでのコメントがネットニュースで話題になることがしばしばあります。「ワイドナショー」でコメンテーターを務め通水管松本人志さん(53)も辛辣なコメントがたびたび話題にあがっており、目にした方も多いことでしょう。もともと辛口ご意見番芸人的なポジションに通水管たのは水道橋博士さん(54)くらいだったはずなのに、気がつけば芸人が情報番組のメインMCやコメンテーターとして活躍する時代になっています。それは通水管とえに「庶民的で親しみやすさを持った一般人代表」が番組に必要な時代になったからだと思いますが、さすがに増えすぎている気も。これから、芸人のキャリ通水管アはどのように変化していくのでしょうか。■芸人のキャリアには基本の3パターンしかない?そもそも売れっ子芸人のキャリアという道で芸通水管さんたちをみていくと、そこには会社員さながらに“いくつか出世のパターン”があるように思います。【若手期】コントや漫才で売れて芸人とし通水管人気知名度ともにアップ。【売れっ子期】バラエティ番組でのひな壇芸人やゲスト芸人、リポーター芸人として番組を盛り上げる。ここま通水管は基本的にどの芸人さんも同じ道のりのように思います。ここから先が、いくつかパターン化されているように思うのです。(カッコ内は代表的な芸人さん)