通水管|知名度急上昇・成田凌、“黄金世代”俳優から刺激

2013年に『MEN'S NON-NO』専属モデルからキャリアをスタートさせ、放送中のフジテレビ系連続ドラマ『大貧乏』(毎週日曜 後9:00)では物語の鍵を握る重要人物を演じている俳優・成田凌(23)。昨年通水管はドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)の梅原ナツキ役、大ヒットとなった映画『君の名は。』では勅使河原克彦の声優を務めて、知名度も上昇。ORICON NEWSではそんな成田にインタビューを行い、イメージ通水管らは想像できない意外な素顔や人気者がひしめく同世代俳優への本音などに迫った。【劇中カット】成田演じる加瀬春木 勤めていた会社が倒産し、“大貧乏”に転落したシングルマザーの七草ゆず子(小雪)が通水管突然現れたエリート弁護士・柿原(伊藤淳史)とともに会社の秘密に迫っていくヒューマン・コメディー。成田が演じるのは、ゆず子が働いていた人材派遣会社ディメンションズ・オブ・ヒューマニティ(DOH)の元社員で敏腕通水管業マンの加瀬春木(かせ・はるき)。会社にある想いを抱き、二人と行動をともにすることとなる。 クランクイン前は「どんな生活になるのかが楽しみで不安でもあった」という成田だが「いざ、やってみると思ったよ通水管バタバタしていて、意外とエネルギー使っているみたいで寝落ちしまくりだったり…でも楽しいですよ」と多忙な毎日に手応え。「毎日、小雪さんに怒られてます。『そんなの食べていたらだめよ』とか『いい病院教えてあげる』通水管か。公私ともに勉強させてもらっています」と和気あいあいとした現場の雰囲気を伝える。 劇中では長身で眉目秀麗、頭脳明晰で人が羨むものをすべて持っている完璧(だけど無職)な加瀬を演じているが「『最初はス通水管シてるやつだと思っていた』とよく言われます。なんでなのかな~。雑誌やっているから?雑誌ってニコッて笑ったりしないし…」とその素顔はとってもフランク。自らを「人見知り」と称するが「伊藤さんが話している時、かわ通水管いんです。お芝居している時もテレビでみていてもずっとかわいい。本人にも『かわいい』って言いました」と大先輩である伊藤のことを“かわいい”を連呼しても、なんとなく許されてしまうような人懐っこさを持っている。