通水管|イエメンの米軍作戦、

(CNN) 米軍特殊部隊がイエメン中部で1月29日に行った作戦に関連して米中央軍はこのほど、女性や子どもを含む民間人が戦闘に巻き込まれて死亡していたことを明らかにした。2月2日に公表され通水管た現場の写真は激しい戦闘の様子を物語っている。イエメン当局者によれば、この作戦で死亡した40人のうち13人は民間人で、子ども6人が含まれていた。英国の非政府組織(NGO)やイエメ通水管ンの人権団体関係者は、死亡した民間人は23人だったとしている。米中央軍は民間人の犠牲者について、「米軍を援護するために行われた上空からの射撃に巻き込まれた可能性がある」とした。通水管特殊部隊はアラブ首長国連合(UAE)兵士の援護を受けて行った作戦で、「民家などの建物を含む全方面から銃撃された」と中央軍は説明。これは奇襲作戦に関する情報が漏れていたことをうかがわ通水管せる。「準備された戦闘拠点から銃撃してきた女性」も複数いたとしている。イエメン情勢に詳しいアダム・バーロン氏は、「この地域の人たちが作戦のことを事前に知っていたと考えれば、例えば通水管の場にいた女性たちが自衛のために銃を持っていても不思議ではない」と指摘する。今回の作戦で特殊部隊は、過激派「アラビア半島のアルカイダ(AQAP)」に近い地元部族メンバーも標的とし通水管ていた。米中央軍は、作戦によってAQAPの幹部3人が死亡し、貴重な情報を入手できたと強調。その一方で米海軍特殊部隊も隊員1人が死亡し、米兵3人が負傷、オスプレイ1機が失われた。国通水管際危機グループのアナリスト、エイプリル・ロングリー・アリー氏は、民間人多数が犠牲になったことで「イエメンの政界で反米感情が高まり、AQAPにとって有利に作用する」と予想する。AQ通水管APも事後に発表した声明で民間人に死傷者が出たことを強調、「こうした米国の愚かさにより、イエメン全土の兄弟や部族の間でムジャヒディン(イスラム聖戦士)の意思は強まる一方だ」と主張した。