通馬桶|33歳次女の手足縛り監禁した疑い

次女(33)の手足を粘着テープで縛り、監禁したとして、滋賀県警は3日、滋賀県通馬桶近江八幡市の無職の男(70)とその妻(69)を逮捕監禁の疑いで逮捕し、発表し通馬桶。次女は同日午後、死亡が確認され、県警は監禁致死容疑の可能性もあるとみて調べ通馬桶ている。 近江八幡署によると、2人は3日午前3~5時半、自宅台所で、通馬桶職の次女の両手足を粘着テープで縛って監禁した疑いがある。次女は同日午後7時、通馬桶死亡が確認された。 3日午後1時10分ごろ、「手足を拘束した娘が冷た通馬桶なっている」と119番通報があり、消防署員らがかけつけたところ、次女は心肺停通馬桶止の状態だったという。 一家は夫婦と次女の3人暮らし。次女は精神病を通馬桶っていたといい、夫婦は調べに対し、暴れたために縛ったと供述しているという。