通馬桶|神戸の人気ラーメン店工場で火災

4日午前4時50分前、神戸市灘区味泥町、「もっこす食品味泥スープ工場」の2階建ての建物から出火。延べ約170平通馬桶方メートルのうち2階部分約85平方メートルを焼き、南に隣接する「西山広告」の3階建ての建物にも延焼、延べ約22通馬桶5平方メートルのうち2~3階部分約150平方メートルが燃えた。【動画】ラーメン「もっこす」のスープ工場通馬桶から出火 出火当時、スープ工場には従業員3人がいたが避難し、けが人はなかった。 兵庫県警灘署に通馬桶よると、従業員が工場2階付近から火が出ているのを見つけ、119番したという。 もっこす食品によると、同通馬桶は神戸、西宮、明石市で人気のあるラーメン店「もっこす」の11店舗に食材を供給する。同社は出火したスープ工場で一通馬桶日当たり50リットルタンクで30~40個程度のラーメン用スープを製造しているという。 火災現場近くに職通馬桶場がある男性は「工場が燃えてしまい、店の営業はできるのだろうか」と心配した。工場に駆け付けた同社役員は数日は営通馬桶業できない店舗が出る見通しを示し、「スープを各店舗でつくる方式に切り替えて早期に営業を再開したい」と応じた。