通馬桶|仏が要請、竹田JOC会長ら任意聴取

2020年東京五輪・パラリンピックの招致活動を巡る不正疑惑で、東京地通馬桶検特捜部が招致委員会の理事長だった竹田恒和・日本オリンピック委員会(通馬桶OC)会長(69)ら複数の招致委関係者から任意で事情聴取していたこと通馬桶関係者の話でわかった。 民間人同士の贈収賄容疑などに関するフ通馬桶ンスからの捜査共助の要請に基づくもので、竹田氏らは、招致委が海外のコ通馬桶サルタント会社に支払ったコンサル料について違法性や賄賂性を改めて否定通馬桶たという。 関係者によると、特捜部が竹田氏らを聴取したのは先通馬桶から今月上旬にかけて。竹田氏は6日夜、東京都内で取材に応じ、「違法性通馬桶賄賂性の認識はなく、特捜部にもこれまでと同じ説明をした」と話した。