通水管|金本監督が狙う“超攻撃的オーダー”

あるぞ、超強力内野!阪神・金本知憲監督(48)が9日、新助っ人のエリック・キャンベル内野手(29=メッツ)を二塁手として起用する通水管可能性を示唆した。この日、初めてシートノックと投内連係で一塁を守ったC砲について「セカンドもあるかもしれない」と指揮官。二塁起用通水管が可能なら、鳥谷、北條、原口、キャンベルを同時出場させる超強力打線を組むことが可能となる。【写真】阪神チアリーダーのMa通水管riさん 今キャンプ初めて一塁を守ったキャンベルは、投内連係、シートノックで軽快な動きを見せた。一、二塁間のゴロを難なく通水管さばき、バントシフトでも二塁へ安定した送球を繰り出した。その動きをグラウンドで見守りながら、金本監督は脳裏に新構想を描いていた。通水管 「彼は器用な選手なんで。外野も二塁もやっていきたいということで、まず一塁をやってもらって。出来そうですね。いろんなポジシ通水管ョンが出来れば、いろんな選択肢が出てくる。セカンドもあるかもしれない」 固定概念に、とらわれない。それこそ、金本野球の神通水管髄かもしれない。助っ人の守備位置で真っ先に思い浮かぶのは一塁と外野。だがそれは、打力はあっても守備に不安のある選手が来日する傾向通水管が強いからだろう。一塁と外野以外を守れるなら、それに越したことはない。そしてキャンベルは可能性を秘めている。いや、実績もある。