通馬桶|マレーシアで金正男氏殺害される

【ソウル大貫智子、ジャカルタ平野光芳】韓国メディアが14日一斉に伝えたところによると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母通馬桶兄である金正男(キム・ジョンナム)氏(45)が13日にマレーシアの首都クアラルンプールの空港で殺害された。北朝鮮の工作員に暗殺されたとみられて通馬桶る。ロイター通信によると、マレーシア警察も金正男氏が死亡したと確認した。マレーシア当局から通報を受けた韓国政府が事実関係の確認を急いでいる。通馬桶【写真】マカオにある金正男氏の住宅と言われる建物(2007年撮影) ロイター通信などによると、金正男氏は13日午前、空港のショッ通馬桶ングセンターで体調不良を訴え、病院に運ばれる途中で死亡が確認された。警察当局者は、金正男氏とみられる男性が空港で何者かに後ろから顔をつかまれ、通馬桶めまいがしたために助けを求めた、と語った。金正男氏はマカオ行きの飛行機に乗る予定だったという。 韓国メディアは、金正男氏が女2人に毒針通馬桶ようなもので殺害されたと伝えた。女2人はタクシーで逃走し、警察当局が行方を追っている。ロイター通信によると、殺害には毒のようなものを含んだ布が通馬桶使われたとの情報もあり、警察当局が死因を調べている。 マレーシア警察によると、金正男氏とみられる男性が持っていた旅券(パスポート)には通馬桶キム・チョル、1970年6月10日、平壌生まれ」と記されていた。 金正男氏は故・金正日(キム・ジョンイル)総書記の長男にあたる。韓国メ通馬桶ディアは、金正恩氏が、金正男氏は自らの地位を脅かす可能性があるとして殺害を指示したとの見方を伝えた。女2人は北朝鮮の工作員とみられるという。