通水管|川口能活が語る韓流GKブーム

Jのゴールマウスに“韓流ブーム”到来。2009年にセレッソ大阪のキム・ジンヒョンがブレイクして以来、じわりじわりと押し寄せていた韓国人GK増加の波が、ピークを迎えようとしている。10人中7人が身長190cm超え、トップクラ通水管スがJに集う。 18分の5。これは今季のJ1で韓国人GKが在籍しているクラブの数だ。内訳は、以下のとおり。 コンサドーレ札幌:ク・ソンユン 鹿島アントラーズ:クォン・スンテ 川崎フロンターレ:チョン・ソ通水管ンリョン セレッソ大阪:キム・ジンヒョン、アン・ジュンス ヴィッセル神戸:キム・スンギュ J2にまで視野を広げれば、その数はさらに増える。 ザスパクサツ群馬:ハン・ホドン 松本山雅FC:ゴ・ドンミン通水管 ファジアーノ岡山:イ・キョンテ 愛媛FC:パク・ソンス 総勢10人。数だけじゃない。10人中7人が身長190cmを超える大型GKで、J1所属選手に限れば、アン・ジュンスを除く全員が韓国A代表に招集された経験を持通水管つ。質とサイズを備えたトップ・オブ・トップの韓国人GKが、Jリーグに集結しているというわけだ。 では、なぜJクラブは貴重な外国人枠(アジア枠)を使って韓国人GKを獲得するのか。韓国人GKは、日本人GKと比べてどんなとこ通水管が優れているのか。 2月13日、その答えを探るべくJリーグ・キックオフカンファレンスに足を運んだ。ここでは各クラブがブースを設け、監督と主力選手の1人が取材に応じてくれる。 目的地は、SC相模原のブース。通水管 そこには川口能活がいる。 日本が誇るレジェンドGKは、韓流守護神たちのプレーをどう見ているのか。相手を威圧し、味方を安心させる冷静さと闘争心。 まず、川口が現代の韓国人GKの特徴として挙げたのが、“ギラ通水管ギラ感”だ。 「絶対に止めてやるという、気迫や闘争心を感じますよね。この闘う気持ちは、GKにとって絶対に必要なものです。闘争心を見せることで、シュートを打つ側にもプレッシャーがかかる。それと同時に、味方の選手には安心感通水管与えるような雰囲気を醸し出すことも重要です。 例えば川崎のチョン・ソンリョンは、冷静さと闘争心を併せ持っているといるように見えますし、日本人GKが見習うべきところだと思います。僕が期待しているのは、ギラギラ感のある日本通水管人GKが登場すること。昨季ブレイクした鹿島の鈴木優磨は、ものすごくギラギラしていますよね。僕はああいう選手が活躍したことが、すごく嬉しかった。彼はFWですけど、“GK版・鈴木優磨”のような選手が、どんどん出てきてほしい」