通水管|共謀罪、一般人対象の余地

犯罪の計画段階で処罰する「共謀罪」の要件を変え、「テロ等準備罪」を新設する法案通水管をめぐり、法務省は16日、「正当に活動する団体が犯罪を行う団体に一変したと認め通水管られる場合は、処罰の対象になる」との見解を明らかにした。これまで政府は、「一般通水管の市民は対象にならない」としてきたが、捜査当局の解釈や裁量によっては対象になる通水管ことが明らかになった。 衆院予算委員会の理事懇談会で、法務省が文書を示通水管した。法案はまだ国会に提出されておらず、「テロ等準備罪の具体的内容は検討中」と通水管前置きしたうえで、対象となる「組織的犯罪集団」については「結合の目的が重大な犯通水管罪などを実行する団体」という趣旨で検討していると説明した。 加えて、「通水管もともと正当な活動をしていた団体」も、その目的が「犯罪を実行することにある団体通水管」に一変したと認められる場合は、組織的犯罪集団に当たり得るとの見解を示した。