通水管|関東地方で「春一番」

きょう17日の午前、気象庁は関東地方で「春一番」が吹いたと発表した。昨年より3日遅い観測。 きょうの関東地方通水管は、サハリン付近にある低気圧と日本の南海上にある高気圧の影響で、南寄りの風がやや強く吹いている所がある。茨城県と通水管千葉県の太平洋側や伊豆諸島、相模湾を中心に波が高くなるため、船舶や交通機関の乱れには注意が必要だ。 なお、き通水管う(16日)は九州北部地方で、けさは北陸地方で春一番の発表があった。関東地方で「春一番」 4月並みの暖かさ 通水管なだれや融雪などに注意17日の予想最高気温の分布。 また、気温は朝から高く、日中は各地で4月並み通水管暖かさとなる見込み。関東北部の山沿いなど、積雪の多い所では雪解けが進むため、なだれや落雪などに十分な注意が必要と通水管なる。 関東地方での17日午前10時までの最大瞬間風速は以下のとおり。東京 18.0メートル(午通水管前9時10分)千葉 21.7メートル(午前9時17分)横浜 19.1メートル(午前7時33分)【通水管一番】 春一番は、立春から春分の間に低気圧が日本海を進み、暖かな南風が強く吹き、前日より気温が上昇した最初の通水管日に発表される。気象庁では、九州から関東にかけて春一番の発表をするが、基準を満たさず発表されない年もある。