通馬桶|インフルエンザ ピーク越えたか

インフルエンザの12日までの1週間の全国の患者数は約15通馬桶1万人でした。患者数は2週連続で減っていて、ピークを越え通馬桶とみられます。 国立感染症研究所によりますと、1通馬桶日までの1週間に全国の医療機関から報告されたインフルエン通馬桶の患者数は、推計で約151万人でした。患者数は1月第4週通馬桶約201万人から2週連続で減りました。1施設あたりでは2通馬桶8.57人で、大きな流行を示す「警報レベル」を下回りまし通馬桶。46の都道府県で患者数は前の週よりも減っていて、全国的通馬桶ピークを越えたとみられます。ただ、依然として患者数は多い通馬桶め、国立感染症研究所は引き続き注意を呼び掛けています。