通馬桶|「慰安婦像」撤去要求 日韓外相会談

ドイツを訪問している岸田外相は、韓国の尹炳世(ユン・ビョンセ)外相と会談し通馬桶、韓国・釜山(プサン)の総領事館前に設置された慰安婦像の撤去を、あらためて通馬桶求めた。尹外相も撤去に向けて取り組む意向を示した。この中で、岸田外相は通馬桶2016年末、釜山総領事館前に慰安婦像が設置されたことについて、「極めて遺通馬桶憾だ」と述べたうえで、像の撤去を強く求めた。これに対して、尹外相も「国通馬桶際的に適切ではない」と応じ、撤去に向けて最大限努力する考えを示すとともに、通馬桶2015年末に合意した慰安婦に関する日韓合意を実施する意向を伝えた。さ通馬桶らに岸田外相は、竹島への慰安婦像設置の動きがあることについても「受け入れら通馬桶れない」と指摘し、平昌(ピョンチャン)オリンピックに関するウェブサイトで、通馬桶竹島の表記が韓国の「独島(ドクト)」となっていることにも強く抗議した。