通馬桶|豊洲移転問題 都議会「百条委員会」設置へ

東京・豊洲市場の移転問題をめぐり、東京都議会で、法律に基づく強い調査権を持つ通馬桶「百条委員会」が設置される見通しとなったことがわかった。 東京都議会通馬桶豊洲市場の移転問題について審議している特別委員会で、用地取得の経緯などを調べ通馬桶ため、来月18日から20日の間で石原慎太郎元知事と浜渦武生元副知事の参考人招通馬桶を決めている。 しかし、東京改革議員団や共産党などが、より強い調査権通馬桶持つ「百条委員会」の設置を求めていて、関係者への取材で公明党も設置を求める方通馬桶を固めたことがわかった。これによって過半数に達することが確実になり「百条委員通馬桶」が設置される見通しとなった。具体的な日程や調査項目などは、20日の議会運営通馬桶員会で話し合われる。 「百条委員会」は正当な理由なく出頭を拒否したり通馬桶うその証言をしたりした場合、禁錮刑や罰金刑などの罰則が科されることがある。