通馬桶|2回爆発、3世帯に避難勧告…アスクル倉庫火災

埼玉県三芳町にあるオフィス用品通販大手「アスクル」の物流倉庫で起きた火災は、出火から3日近くがたった19日午前8通馬桶時現在も、鎮火のめどが立っていない。 消防によると、同日午前0時過ぎに倉庫南東部分で2回爆発があり、消火通馬桶動中の消防隊員約40人と消防車11台を敷地内から一時避難させた。町も同2時40分頃、周辺の住宅に危険が及ぶ恐れが通馬桶あるとして、倉庫西側の3世帯7人に避難勧告を出し、2世帯6人が近くの公民館に避難したという。 倉庫は鉄骨通馬桶階建てで、16日午前9時過ぎに北西部分から出火。外壁に窓や扉が少なく、消火活動が難航しているという。 自民党の有通馬桶議員が近く、子どもの多い世帯ほど所得税が軽減される「N分N乗(世帯課税)方式」の導入に向けた勉強会をスタートさせ通馬桶ることが分かった。少子化に歯止めをかける所得税改革と位置付け、党税制調査会での本格的な議論につなげる考えだ。通馬桶 所得税は所得が大きいほど税率が高くなる累進課税で、現在は5%から45%までの7段階。現行制度は個人に課税する通馬桶ため、共働きの場合は夫と妻にそれぞれ課税される。これに対し、N分N乗方式は課税所得を世帯で合計して家族の人数で割通馬桶、税率を掛け合わせて1人当たりの税額を算出。さらにこの額に家族の人数を掛け合わせ、世帯が払う税額を決める。