通馬桶|119番、5か国語で対応へ…全国24時間

総務省消防庁は2020年の東京五輪・パラリンピックに合わせ、外国語によ通馬桶る119番通報について、全国どこでも24時間対応できる体制を築く方針を通馬桶固めた。 英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語の5か通馬桶国語に最低限対応する。外国人が急な病気やけがに見舞われた場合でも救急隊通馬桶員がスピーディーに駆けつけるようにすることで、日本での旅の安心を保証す通馬桶る「おもてなし」の一策だ。 消防庁が検討している対応は、通訳サ通馬桶ービスを行う民間企業に協力してもらうものだ。外国人が119番通報した場通馬桶合、消防本部の指令員が通訳オペレーターに電話回線をつなぐ。3者間通話を通馬桶行い、消防と外国人のやりとりを同時通訳する。現場対応の場合、消防・救急通馬桶隊員が携帯電話を通訳オペレーターにつないで対応できるようにする。