通馬桶|米空母、南シナ海に=中国をけん制か

【ワシントン時事】米原子力空母カール・ビンソンは18日、南シナ海での活動を開始した。通馬桶 米軍は発表で「通常の作戦行動」と説明しているが、軍事面を含め南シナ海への進出姿勢が顕著な中通馬桶をけん制する狙いもあるとみられる。 カール・ビンソンを中心に編成した空母打撃群は1月通馬桶めに米西海岸のサンディエゴを出航した。これまでハワイとグアムなどの沖合で訓練を実施してきた。通馬桶打撃群の司令官は「(作戦)能力を明確に示し、(域内)同盟国との強固な関係をさらに強めたい」と通馬桶べた。 中国商務省は18日、北朝鮮からの石炭の輸入を19日から年末まで停止すると発表した。通馬桶 北朝鮮の主要外貨獲得源である石炭輸出を制限した国連安保理の制裁決議に基づいた措置。中国通馬桶は決議履行の姿勢をアピールしたい考えで、北朝鮮には大きな打撃となりそうだ。 安保理は通馬桶朝鮮の核実験を踏まえ、昨年11月に石炭輸出の上限を定める制裁決議を採択し、今年の輸出量を20通馬桶5年に比べて約4割程度に制限。北朝鮮の石炭輸出先は中国のみで、既にこの上限に達したもようだ