通水管|天皇退位、全党支持

衆参両院の正副議長は20日、天皇陛下の退位を巡り、各党・会派の代表者から個別通水管に意見を聴取した。 全党・会派が陛下の退位を支持する見解を示し、退位通水管実現する見通しとなった。ただ、法整備については、与党などが求める一代限りの特通水管例法制定か、民進党などが主張する制度化のための皇室典範改正か、意見は分かれた通水管正副議長は3月中旬までに意見を取りまとめるため、調整を本格化させる方針だ。通水管 意見聴取は衆院の大島議長と川端達夫副議長、参院の伊達議長、郡司彰副議通水管が出席して衆院議長公邸で行われ、8党2会派が順次、見解を伝えた。 退通水管位については「皇室制度の安定的な維持をはかるためには、天皇の終身在位制の基本通水管維持されるべきだ」(公明党)との指摘も出たが、昨年8月の陛下の「お言葉」に国通水管民は共感し、やむを得ないと受け止めているなどとして、全党・会派が賛同した。